メディア掲載情報Media Infomation

2002/10/24【中国新聞】政治家の仕事に刺激 大学生 高橋佳子 21歳

 

刺激のない平凡な大学生活も残り1年半となり、焦り始めたころに「議員インターンシップ」を知った。政治家の仕事を現場で体験するという試みで、「人との出会いがたくさんある」という点に魅力を感じ、参加した。9月の一ヶ月間、ある国会議員の事務所へ通った。政治家の活動の舞台裏はもちろん、社会人として働くことの厳しさや責任、面白さを知ることができた。何より、多くの人に出会えたのがよかった。日ごろ年代の違う人と話す機会はあまりないが、さまざまな人生を垣間見ることができた。人の数だけ人生があることに衝撃を受けた。卒業後の進路を悩んでいた私はたくさんのヒントを得た。終わってみれば、あっという間だった。悩んだ末に参加を決断した議員インターンシップだったが、参加してよかった。政治家はテレビの中だけの住人ではないことが分かったし、政治にも興味を持てるようになった。大切なのはこれからだ。今の気持ちを忘れずに、次のステップにつなげたい。

  • facebook
  • twitter