コラムcolumn

2022/1/10 スタッフ活動
断わらない~人生を豊かにする選択とは~

プロフィール:藤井暖彦
2021年の夏休みに議員インターンシップへ参加。当時のドットジェイピー担当スタッフからの声掛けをきっかけに10月に
スタッフ活動を開始。現在、兵庫支部でスタッフ活動中。

ドットジェイピーとの出会い

私は2021年夏の議員インターンシップ(8月~9月)に参加しました。国会議員の下でインターンシップを経験し、2か月間で国会見学や街頭活動、未来国会2021への参加、ソーラーシェアリングという農地を守るシステムの見学など様々な活動をしました。また、10月に行われた衆議院議員選挙では、選挙活動を行い、選挙のリアルな現場を見ることができました。このような議員インターンシップを経験していた9月に事務所担当スタッフの方からスタッフにお誘いいただき、10月からドットジェイピーのスタッフとして活動しています。スタッフとして、インターンシップ参加者の集客を行うコンシューマー部署とイベントなどを開催するプログラム部署に所属して活動しています。どちらもドットジェイピーにとって、非常に重要な部署であり、責任感とやりがいを感じながら、充実したスタッフ生活を送っています。

「なんとなく」

スタッフになろうと思った理由の前に、そもそもなぜこの議員インターンシップに参加したのかということを説明します。それは、断り切れなかったからです。大学で声をかけられて、説明会に参加し、そのままなんとなくインターンに参加することを決めました。しかし、やると決めたからには全力でやらなければと思い、最終的に素晴らしい経験をすることができました。
ドットジェイピーのスタッフになったのもほとんど同じような理由で、説明会から事務所担当スタッフまで担当していただいたスタッフの方から、スタッフについての話をお聞きし、何か新しいことにチャレンジしてみようかなくらいの軽い気持ちでスタッフをすることを決めました。他の理由を挙げるとすれば、大学がコロナの影響でオンライン授業ばかりで、その中で人とのつながりの大切さを感じ、多くの人と関わりたいという思いもあります。実際、スタッフ活動をしていると、本当に多くの人と関わる機会があり、とても楽しいです。

このように、「なんとなく」ではじめたことが結果として自分にとって大きな経験になって成長させてくれたり、ひいては自分の人生を大きく変えることになったりしたのです。断れずに物事を始めることを、完全に悪いことだとは私は思いません。やりたくないと思うことはしなくてもいいと思いますが、自分にとってのインターンシップやスタッフ活動のように、少しでも面白そうと思うものには何でもトライしてみることが、人生をより豊かにさせるためにはよいのではないでしょうか。

スタッフとして何をしたいか

これといった理由もなくスタッフになると決めましたが、スタッフをすると決めた以上、全力で取り組みたかったので、自分の中で2つのテーマを決めました。1つ目は、より多くの人に議員インターンシップを知ってもらい、参加してもらうこと、2つ目は、自分が経験したインターンシップよりもっと面白いインターンシップにすることです。このテーマに合った部署が、コンシューマー部署とプログラム部署でした。インターンシップがより良いものとなるよう、これからも頑張ります!

僕が人生を豊かにできたきっかけである議員インターンシップ・そしてスタッフ活動について興味のある方は、以下のリンクをご参照ください!一緒に活動できることを楽しみにしております。

  • 議員・首長インターンシップ
  • スタッフリクルート
  • facebook
  • twitter
  • LINE