ニュースリリースNews Release

2021/5/20 ブログ ソーシャルインターンは私服でOK!?〜ソーシャルインターンの服装事情〜」

ドットジェイピーのソーシャルインターンシップへ参加する際の服装を教えてください。私服は大丈夫でしょうか?

(広島エリア広島第二支部設立準備室 谷中佑理子)

服装の指定は参加する議員事務所、NPO、機関などによって異なりますが、私が参加した事務所のインターンでは、活動によってスーツの時と私服の時がありました。
スーツでの活動は、議会傍聴やインターン先の議員の所属する会派の方と合って行う活動など、みなさんが議員インターンと聞いて想像するような議員らしい活動が多かったです。
逆に私服での活動は、インターン先の議員が経営する民宿に伺った際や森の中で行った活動、スポーツ大会の観戦の際など、インターン先の議員が独自に行っている活動が多かったです。

説明会で紹介される活動の区分で言うと、政策活動はスーツが多く、地元活動は私服が多いイメージです。
ただし、このインターンは議員によって活動内容が大きく異なるので、服装に関してもインターン先の議員や担当スタッフに事前に確認しておいた方が良いと思います。

また、私服といってもどんな服でも良いわけでは無いので注意が必要です。

私はインターン初日、「私服できて良いよ」と言われていたのですが、服装選びにすごく迷ってしまいました。
その時はオフィスカジュアルのような服を持っていなかったので、仕方なくジーパンを履いて参加しましたが、活動内容によっては不適切な場合もあるので、前もって確認しておくべきでした。

議員さんとの連絡手段は私の場合LINEでした。LINEで連絡をとる場合が多いとは思いますが、インターン先によってはメールのみのところもあるので、連絡手段も事前に確認しておく必要があります。

最後に、議員インターンの活動はスーツでやる活動と私服でやる活動とで得られるものは違いますが、どちらも共通していろんな人との出会いがありました。
スーツでの活動では、ホテルの社長やジャーナリスト、他の市議会議員など、普段絶対に接することのない人と出会える機会になりました。
そして私服での活動では、身近に存在するけどあまり目を向けてこなかったことに関わる人や同じ世代で地域貢献のために活動している方など、自分が考えもしていなかった生き方をしている人たちと出会うことができ、視野を広げることができました。

まとめると、ドットジェイピーのソーシャルインターンシップに参加する際の服装は活動ごとに異なりますが、スーツであれ私服であれ、どちらの活動も有意義なものであることは変わりないと思います。
興味がある方はぜひこちらよりご参加ください!

  • facebook
  • twitter