ニュースリリースNews Release

2021/6/2 ブログ 「出会いがたくさんのインターンシップ」

あなたはインターンシップの感想文にどんなことを書きましたか?

私は県議会議員さんの下で活動させていただきましたが、とにかく楽しかったということを書きました。受け入れ先の議員さんはとてもやさしく、わからないことはないか常に気にかけてくださり、知りたいことを言えば何でも答えてくださりました。また、あと一人、同じ事務所でインターンする子がいたのですが、その子ともとても仲良くなりました。事務所で働いていらっしゃる事務員さんとも毎日楽しくおしゃべりしながら昼食をとり、雰囲気が和やかな場所でした。そのため、居心地がよく、のびのびと、自分たちが興味のある分野について深めていくような活動ができました。私たちは教育に興味があり、またいろいろと調べていくうちに福祉の分野にも興味を持ったので、両方の視点から、「インクルーシブ社会」の実現を掲げた政策を立てました。しかし自分たちだけで考えるにはやはり限界があり、つまったときなどには議員さんがたくさん手助けしてくださりました。そのときには、政策立案という議員さんの専門分野なので鋭く意見を下さり、内容の濃い話し合い、そして政策が出来上がったなと思います。

ドットジェイピーのインターンシップへ参加した時の思い出があれば教えてください。

私たちは最終的に議員さんの選出地域の市役所で政策の発表を行うということになっており、実際に多くの方の前で発表しました。その際に質疑応答の時間があり、職員の方やインターンのOGの方が質問してくださりました。鋭い内容も中にはありましたが、自分たちが時間をかけて考えたことをしっかり聞き、そして向き合ってくださった証拠なのでとてもうれしかったです。そしてその政策を立てる上で多くの方にインタビューをしたのですが、民生児童委員さんとのお話がとても面白かったです。民生児童委員は高齢の方が多いのですが、地域のつながりの希薄化を懸念してらっしゃって、若者とのつながりの場も少ないとおっしゃっていました。私たちとお話を終えたのち、民生児童委員の方々が「あなたたちとお話しできてよかった」と言って頂いたことは、よく覚えています。自分たち若者の考えと、年が離れた方々の考えを共有することができたのは、非常に良い経験だなと感じました。ほかにも多くの方と出会い、いろいろな思いを共有できたのは貴重な経験でとてもよい思い出になりました。

ぜひ、インターンで大学生活のいい思い出を!詳細はこちらからどうぞ!(福岡支部 宮崎萌)
https://internship2021.dot-jp.or.jp/politician

  • facebook
  • twitter