ニュースリリースNews Release

2021/5/26 ブログ 「議員インターンシップで短所を長所に!」

あなたのドットジェイピーでのインターンシップ体験談を教えてください。

熊本支部 福嶋祐子

このインターンシップは私にとって人生のターニングポイントになりました。私がインターンシップに参加する前は、コミュニケーション能力に全く自信がありませんでした。人と話すことを避け、毎日ネガティブでした。しかし、今は、人と話すことが楽しくなり、話し足りないくらい人とコミュニケーションをとることが好きになりました。私がここまで変化したのは、夏休みに参加したインターンシップとの出会いでした。

私が参加した議員インターンシップは、チームで2ヶ月間議員と一緒に活動するというものでした。インターンシップに参加した人たちは、自分の将来に向けて参加した人や、何か変わりたい!少しでも成長したい!と思って参加している人がたくさんいました。同じような志を持って参加している学生がたくさんいて、初めて自分にあったコミュニティに出会えたような気がしてとても嬉しかったのを覚えています。

インターンシップでなぜここまで変われたのかというと「私がなりたい自分像」とそれに向けた行動計画をスタッフの方が一緒に考えてくれ、目標のフォローをしてくださったからです。インターンシップに参加する前は、いつも自信がなくネガティブな自分がとても嫌いだったので、インターンシップを終えた2ヶ月後は、「自信に満ち溢れたスーパーポジティブマン」になりたい!という目標を掲げました。

私がどうすればスーパーポジティブマンになれるかスタッフが一緒に考えてくれたのですが、私の自信がなくネガティブな要因は、人とコミュニケーションが取れないところにあると気がつきました。そのため、人とうまくコミュニケーションが取れるようになるために、一緒に行動計画を立ててくださいました。

まず、チームの仲間とのコミュニケーションでは、毎回の活動で、必ず、自分から話題をふることや、最年長ということもあり、チームを引っ張るリーダーとしても意識して活動に励みました。また、議員を通して大人とのコミュニケーション能力も身につけることができました。日々の活動で敬語やマナーも身につけることができるので、さらに自信がつきます。人前で、発表することも苦手だったのですが、たくさんの経験を積んだ議員が、発表技法や、上手なスピーチの方法をレクチャーしてくださり、人前で発表する力もつきました。

また、毎回の活動で日報を書くのですが、スタッフからのフィードバックがあり、次の活動ではどのように行動すればなりたい自分に近づけるのかがわかり、日々の成長を実感し、とても嬉しかったです。気が付いたらポジティブになっていて、毎回の活動がとても楽しみになっていました。インターンシップを終えた今では、さらに成長したいと思うようになり、様々なことにチャレンジしています。私のように、自分に何かコンプレックスを持っていたり、変わりたいと思う人は何かに迷ったら、是非勇気を持って挑戦してみてください。

議員インターンシップの説明会はこちらから。
https://internship2021.dot-jp.or.jp/politician

  • facebook
  • twitter