ニュースリリースNews Release

2021/5/21 ブログ 「就活時の私の髪型体験談」

就職活動の際に髪型で気にしたことや注意をしたことはどんなことですか?

一般論として考えられる最低限のこととしては、

・目は見えるような髪型に
・髪色は派手にしすぎない(デザイナーを除く)
・寝癖は直す
・癖毛は癖毛なりにちゃんと整える

などが挙げられますが、自分の場合、普段から髪は短く、癖毛もなく、髪色は黒で、寝癖も直す習慣があったので何も意識することなく就活に臨みました。しかし、実際にやってみてもっと調べておくべきだったと後悔しました。

就活における髪型で第一に気にすべきは清潔感です。というかむしろ最低限ここさえ問題なければとやかく言われることはまずないでしょう。清潔感を出すために社会人の方がよく使うのがワックスですね。

自分が就活を始めた頃はワックスを使った経験がなかったので、使い方を知らないどころか、使う必要性すら理解していませんでした。大学の先輩に最低限ワックスはつけていった方がいいということを聞いてからインターネットで使い方を調べ、今では就活の際は必ず使うようにしているのですが、初めて参加した長期インターンでは一度もワックスをつけることなく終わってしまったので、本当にあれでよかったのだろうかという後悔があります。

髪型の話で言うともう一つ、エントリーシートに貼る写真を撮る際も僕はやらかしてしまいました。

僕が証明写真を撮りに行こうとしたその日はとても風が強い日でした。前日に寝落ちした僕は朝風呂に入り、濡れた髪のまま自転車を漕いだのですが、風で髪を乾かすつもりが強風すぎて寝癖になってしまい、証明写真が寝起きに撮ったみたいになってしまいました。当然、エントリーシートの写真においても「清潔感」が大事になってくるわけですから、これではダメだと、結局取り直す羽目になったのです。

というように、自分が髪型に関して意識した点は、少し的が外れている気がします。

大学生であれば、普段からワックスをつける人も少なくないと思いますが、僕のように身嗜みに関して普段から何も気を使っていない学生も少数ながら存在していて、そういう人と、普段からワックスをつけたり髪色で遊んだりしている人とでは、就活を始める際の髪型に関して注意すべき点が異なるのだと思います。
なので、この記事があまり参考にならないと思った方は別のサイトをみてください。今の時代、調べれば大概のことはわかりますので。

自分から共通して言えることは「清潔感」が大切ということだけです。

▼ドットジェイピーのソーシャルインターンシップの説明会はこちらから!

広島2支部 松本晃平

  • facebook
  • twitter