ニュースリリースNews Release

2021/7/25 ブログ 1年生からインターンは早い?

私は1年生の春休みにNPOインターンシップに参加しました。私は当初、インターンシップと聞くと3,4年生が企業で行うというイメージが大きかったのですが、ドットジェイピーのインターンシップは1,2年生から参加できるということで、気軽に参加することができました。1年生のうちに参加するメリットとして、私は視野が広がることと早くから自分の生き方について考えられる点が大きいと思います。そのため、このことについて私のインターン経験をもとに書きたいと思います。

私は1年生のとき、将来就きたい職業が全く決まっていませんでした。そのため、将来の選択肢を広げるため、様々な社会分野や地域の実情を知りたいと思い、メディア系のNPOでインターンシップをしました。そのメディア系NPOでは政治や福祉、科学、スポーツ、教育など様々な分野のニュースを取り扱っており、実際のインターン活動でも議会や原発反対集会の取材、また東日本大震災で被災された方や大学サークルの取材に同行させていただきました。これらの活動を通して、インターンに参加しなければ絶対に出会えない方々のお話を聞くことができたと共に、自分とは異なる環境で生きている人々の存在を知りました。また、インターンシップの最後に自分で記事を書かせていただいたり、ラジオに出演してニュース原稿を読むという経験もさせていただきましたが、自分が発信する側になることで、普段テレビや新聞のニュースを見る際も、発信する側の視点で見ることができるようになりました。視聴者や読者が興味を持つような話題を見つけたり、写真や文章といった伝え方の面で、普段何気に見ているニュースはこんなにも考えられていたのだと感じることができました。このことから、インターンシップに参加して社会に出てみることで、視野が広がり、これからの大学生活においても今までの自分とは違った考え方ができるようになると思います。

また、インターン中にNPOの方にその職業を目指された背景なども聞くことができました。このインターンで就きたい職業が明確に定まるまではいきませんでしたが、自分の得意不得意を知れたり、様々な働き方があることを学んだりできたので、自分のなりたい姿は定まったと感じています。

このことから、私は早めからインターンに参加して良かったと思っています。私は現在3年生で企業インターンシップに参加していますが、1年生のうちにドットジェイピーのインターンシップを経験できたことで、社会でのマナーや振る舞い方なども役立っていると感じます。
1年生でインターンシップは早いかなと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、だからこそ周りと差をつけられるチャンスだと思います。少しでも迷ったらやってみることをおすすめします!

<プロフィール>
氏名:日竎若菜
筑波大学 社会・国際学群 国際総合学類3年
所属支部:つくば支部
プロフィール:
2020年春にNPOインターンシップに参加。
現在はドットジェイピーつくば支部スタッフ活動中。

  • facebook
  • twitter