メディア掲載情報Media Infomation

2003/2/14【読売新聞】議員実習で政治を身近に 11が県議、市議に同行 NPO準備室が紹介

 

統一地方選を前に、若者と政治の距離を縮めることを目指す非営利組織(NPO)ドットジェイピー(本部・大阪市)九州設立準備室のメンバーが13日、県庁で会見し、議員活動を身近に体験する「議員インターンシップ」を紹介した。
 同準備室は、実習を希望する社会人一人と大学生十人を選んだ。それぞれが二月から二か月間、熊本市の県議三人と人吉市を含む市議二人に付き添ったり、事務作業を手伝ったりする。実習生は二十七日に感想などを中間報告し、三月下旬に最終報告会を開く。
 同準備室は、昨年八月に発足。熊本市の県立大や熊本学園大、崇城大の学生たちが四月設立を目標に進めている。
 代表の県立大2年野村卓馬さん(19)らは「選挙に向けた活動など貴重な体験ができる。選挙への意識を高めることで若者の政治参加につながっていくと考える」と話していた。

  • facebook
  • twitter