インターンシップ

失敗を恐れずに挑戦した夏

プロフィール:高校3年生の皆さんこんにちは、千葉大学国際教養学部1年の中島陽人です。現在は、ドットジェイピースタッフとして活動しています。

大学1年のインターン活動で得たこと

さて、今回は、私がみなさんに向けてインターンに参加するメリットについて紹介していきたいと思います。この記事を読み終わった時、みなさんの中で「インターンに挑戦してみようかな」と思ってくれる人が出てきてくれたら幸いです。

まず初めになぜ私がインターンをやろうと思ったのかについて書いていこうと思います。正直言いますが、「なんかインターンに参加している学生ってかっこいいじゃん!」という理由でした笑。

大学生になるとサークルやバイトなど今までにはできなかった貴重な経験ができるようになります。大学生になって絶対になにかやろうと考えていた私は、ライングループに流れてきたインターンについての紹介をみてすぐに応募しました。

今考えると大胆だったなあと思います笑。

この経験から私がみなさんに伝えたいことはとりあえず挑戦してみてほしいということです。なにかにトライしようとしても、失敗したら嫌だとか恥ずかしいからという理由で諦めてしまう人がいます。しかし、実際にやってみると案外簡単だったり、楽しい時があります。

大学生活はあっという間とよく言われますが、何も挑戦しないまま終わってしまったらやっぱり寂しいものです。後悔するのは挑戦してからでも遅くないです!

すこし話がそれましたが、私がインターンに参加して良かったなと思ってことについて話していきます。

一つ目は、コミュニケーション能力が身につくということです。インターンを通して、多くの大人の方と交流する機会を得ることができます。大人と話すということは敬語の使い方であったりと将来役に立つ能力が身に付きます。私はインターンに参加する前まで敬語の使い方がめちゃくちゃだったのですが、2ヶ月間の活動のあと、しっかりとした言葉使いで話せるようになりました。

二つ目は他大学の学生と交流できるということです。社会にでると多種多様な人と一緒に働きます。私自身もインターンを通して、多くの他大学の学生と協力して活動できました。そこには大学内では学べないことがたくさんありました。

最後まで読んでくれた君は偉いです笑。

ぜひ、失敗を恐れずにインターンに参加してみてください!

関連記事
  • NPOインターンシップとは?【詳細版】

    NPO・NGOインターンシップ

  • 【大学生必見】2年生からできる就活を現役就活生が紹介!

    インターンシップ

  • 【大学生向け】コロナ禍では大学生のイベントの一つになる!?インターンシップをご紹介

    インターンシップ